『眠れない夜よ、さようなら』 #快眠 #睡眠

まずは朝食から見直してみましょう。

起き抜けにトースト1枚をかじって出勤!なんてこともあると思いますが、炭水化物と一緒にタンパク質を摂るのもお忘れなく。

朝に食べたタンパク質は、1日をかけて大切な栄養源になるとともに、夜になる頃には眠りのサインを出してくれる物質に変わります。

トーストには目玉焼き、ご飯には納豆やお魚など、食べ合わせにも、睡眠を助けてくれる作用があるのです。眠りのホルモンと呼ばれるメラトニンをしっかり分泌させるには、タンパク質に含まれるトリプトファンという栄養素を食事から摂ることが大切なのです。

そして軽い運動をしましょう。

朝のウォーキングも気持ちのよいものですが、午後にほどよく運動をすることで、夜の眠りがひと味違う結果に。会社帰りにひと駅前で降りて歩くというのもいいですね。

お布団のうえで軽いストレッチも効果があります。あまりはりきって行うと、逆に身体が起きてしまうので注意してくださいね。

眠る前にはなるべく光りを浴びないことも重要です。

いつまでもスマホやテレビをみたり、明るすぎる部屋にいるのもよくありません。間接照明などであかりを落とすと、ふんわりと穏やかな気分になり、心まで癒されてゆくような自然な眠気を誘います。

できれば就寝時間の2時間くらい前から、眠りの準備をはじめてください。

すぅーっと眠れたら、気持ちのいい朝がやって来ますよ。


快眠法と一緒に快眠サプリメント『美睡』はいかが?
自然成分から生まれたサプリですので、安心して召し上がっていただけます。

眠りの悩みにクワンソウエキス配合サプリメント美睡(びすい)

毎朝生まれ変わるつもりで目覚めてみませんか? 眠りが変わると人生が変わります。 睡眠はより深く・・・ 目覚めているときはより前向きに生きてまいりましょう。 http://www.gugu-life.com/

0コメント

  • 1000 / 1000